BMW ホイールスペーサーFAQ

 

このページは、BMW用ホイールスペーサーについて学んだすべてのことから構成されています。この情報の多くは、他のメーカーにも適用されます。データ、ヒント、技術情報の非常に幅広い総合的なコレクションです。私たちはそれがあなたに役立つことを願っていますが、それ以上の質問がある場合は、メールでお問い合わせください。

 

ジャンプ先:
1.なぜホイールスペーサーを使用するのですか?
2.使用するサイズは?
3. ホイールギャップの測定方法
4.ホイールボルト
5.ホイールスタッド
6.安全なフィットメント
7.ビッグパッドホイールスペーサー
8.ハブリップの測定
9 .ホイール オフセット問題
10.ハードコーティング対陽極化
11.追加情報

 


1.スペーサーを使用する理由
【ビジュアル】見た目のカッコよさのためにホイールを外に出したい。

好みの見た目は個人によってさまざまで極めて主観的です。

 

【クリアランス】多くのホイールは大きいブレーキキットと互換性がない。ホイールのスポークは新しいブレーキキャリパーを削り、キャリパーから離れてホイールを押し出すためにホイールスペーサーが必要です。

 

【修正】正しくないオフセットのホイールセットを購入した場合、オフセットが高すぎるためホイールが内側に寄りすぎてしまいます。タイヤが内側のホイールやサスペンションコンポーネントなどにこすり込むことになり、醜く間違っています。ホイールスペーサーはホイールを押し出しオフセットを「修正」します。

 

【ハンドリング】さらにホイールの間隔をあければ車をより安定させより良いコーナリングにすることができます。幅の広いホイールに交換するのと同様の効果を得ることができます。

 

 

 

2.使用するサイズは?
これは最も一般的に尋ねられる質問の一つです。残念ながらあなたのニーズを満たすスペーサーを選ぶことは簡単な事ではありません。それが簡単であれば、私たちは皆同じサイズを使用しているでしょう。人々がスペーサーを必要とする理由はいくつかあります。すべてが異なった状況の問題を抱えています。しかし、ホイールの移動する量を見つけることですべての状況を解決できます。つまり、タイヤフェンダークリアランスを測定します。このスペースは、おそらくあなたのスペーサーのサイズになります。しかしそれはフェンダーにタイヤの擦れにつながるので、そのスペースを超えたくない。さらにそれはあなたのニーズを満たしていないかもしれないので、スペーサーも薄くしすぎる事も出来ない。ターナーモータースポーツは世界最大のBMWホイールスペーサーディーラーかもしれません。そのため、スペーサーのサイズを仮定しないことを学びました。すべての状況は異なっており、私たちが与えることができる最善のアドバイスは、あなたの車を測定することです.他の誰もが実行しているものを聞くのは魅力的ですが、正確なホイール、正確なタイヤ、正確なブレーキローター、正確なサスペンション、正確なサスペンションの設定がない限り、誰も使用するスペーサーサイズはわかりません。彼らは推測することができます。インストールおよびテスト済みのスペーサーは返却できませんのでご注意ください。これは、私たちから新しい、最高品質の部品を期待する次の顧客に公平であるためです。これは、あなたがインストールできるサイズについて正確であるすべてのより多くの理由です。

 

ホイールギャップを測定する簡単な方法がいくつかあります 。
タイヤサイドウォールの外側は、通常、ホイールとタイヤの最も広いポイントです(タイヤがリムを横切って「伸ばされた」場合を除きます)。
車のタイヤ/ホイールと、その望ましい乗車高さで地面に車を使用して、最も外側のタイヤスポットとフェンダーリップの内側の間にまっすぐなエッジまたは定規を配置します。距離は、あなたのホイールギャップとあなたのスペーサーのサイズです。これは最大スペーサーサイズなので、サスペンションストロークを考慮して1サイズ低いスペーサーを選択することをお勧めします。

 

 

3.ホイールギャップの測定方法

メジャーで測定
車を地面に置いた状態で、フェンダーにマスキングテープを貼り地面に向かって真っ直ぐ下がるようにマスキングテープの先に重りを貼って垂直に垂らしてください。次に、マスキングテープからタイヤの外側の端までを測定します。これにより、タイヤがフェンダーのリップに接触するまでのスペースがわかります。この測定値より少し小さいスペーサーを選択してください。これにより、タイヤがフェンダーのリップをこすらないようになります。

 

 

 

マスキングテープがない場合
上記の方法と同じですが、フェンダーから吊るすマスキングテープがない場合は、マスキングテープの代わりにフェンダーリップの下から真っ直ぐな定規等を添わせて、タイヤの外側との距離を測定します。タイヤの間のギャップは、利用可能なクリアランスです。この寸法より少し小さいスペーサーサイズを選択してください。

 

 

 

ホイールスペーサーテストフィットキット
あなたは手持ちの各スペーサーサイズの1つを持っていた場合。完璧なスタンスまたは適切なクリアランスの量が得られるまでスペーサーを入れ替えることができます。ECS チューニングは、1mm、2.5mm、5mm、10mm、および15mmのスペーサーとさまざまなホイールスタッドおよびナットを含む、この滑らかなスペーサーフィットメントキットをまとめました。BMW、VW/アウディ、ミニなどで販売しているユニバーサルキットです。スペーサー自体はテストフィットのみを目的としています。ハブセントリックリップと最終インストールに必要なすべてのボルト穴は開いていません。このスペーサーフィットメントキットは、レンタルまたは購入のために提供されています。※レンタルは行っておりません。

 

 

 

ホイールスタッド(ボルト)とワッシャー
この方法では、ハブにねじ込むために少なくとも2つのホイールスタッドとナットを購入し、スペーサーの代わりにワッシャーをセットしホイールをロックします。自動車部品店で一般的なホイールスタッドを購入するか、または当サイトからホイールスタッドとワッシャーを購入 (ターナー 90mmスタッドへのリンク)ホイールとボルトを取り外します。ホイールスタッドをハブに取り付けます。スタッドにワッシャー入れホイールをセットします。キャリパーまたはサスペンションと接触する場合は、ワッシャーを追加します。クリアランスが設定されたら、ホイールをナットでロックします。地面に車を下ろします。※運転はしないでください。サスペンションが落ち着くように車を前後に動かします。もう一度、タイヤフェンダーの接触のためにあなたのクリアランスをチェックしてください。必要に応じて調整します。ワッシャーの最終的な厚さは、スペーサーの最小サイズになります。タイヤがフェンダーに当たる前にスペースが残っている場合は、より大きなスペーサーで調整することを検討してください。
スタッドを取り外すか、運転前に適切な方法で取付けることを忘れないでください。

 

ハブに取付けられているスタッドとワッシャー。写真はBBS 90mmスタッドと5ワッシャー(約15mm)です。

 

ホイールに取り付けられたスタッドとワッシャー

 


BMWホイールピンとワッシャー
ホイールスタッドが利用できない場合は、ツールキットにあるBMWホイールピンツールを使用できます。
複数のピンを使用することをお勧めします。この方法では、ホイールピンを使用していますのでハブにホイールを固定することができません。ホイールピンは車重に耐えることができないため、地面に車を下ろすことはできません。試さないでください!車からホイールを取り外し、ピンをハブに挿入します。M12サイズのワッシャーをピンにスライドさせてハブに当てます。キャリパーサスペンションなどに接触するまで、ホイールをピンにスライドさせます。ホイールが十分にクリアされるまで、ワッシャーを追加します。合計のワッシャーの厚さはあなたのスペーサーのサイズです。

 

ワッシャーをかましたBMWホイールピンツール

 

 

5.ホイールボルト
すべてのホイールスペーサーには、より長いホイールボルトまたはスタッドが必要です。
スペーサーなしで販売しているボルトの数は驚くべきものです。多くの人々はその事実を知りません。正しい長さのホイールボルトは、純正ボルト+スペーサーの厚さです。BMWの純正ボルトは、コーンシートの基部から先端までのすべてのねじとシャンクを含めて25mmと見なされます。したがって10mmスペーサーは35mmホイールボルトを必要とします。しかし、我々は25から28ミリメートルにストックBMWボルトサイズの範囲を見てきました。長すぎるボルトは、ハブ内の他の部品(ABSセンサー、パーキングブレーキ機構など)に干渉します。既存のホイールボルト製品は2〜3mmによって異なる場合がありますが、私たちが販売するすべてのスペーサーとボルトのフィットメントを広範囲に研究し、販売し、使用し、テストしたことを信頼できます。異常なアプリケーションが必要な状況が発生した場合、我々は提供する多くのサイズを持っています。

ボルトがスペーサーのサイズと用途に適しているかどうかわからない場合は、このグラフを使用します。

 

 

BMWボルトは12×1.5、14×1.25、または14×1.5です。ターンの数を数えたり、スレッドの長さをチェックしたりすることで、ハブにボルトが十分に取り付けられているかどうかを確認できます(ボルトは変色するか、グリースでコーティングされます)。

ホイールボルトタイプ    安全なエンゲージメントの長さ     ターン数
12×1.50               約10mm          6.5
14×1.25               約12mm          9.0
14×1.50               約12mm          7.5

 


ホイールスタッド付きホイールスペーサー

ホイールスタッド付きホイールスペーサーは、ハブから突き出て、ハブにホイールを見つけるのに役立ちます。ホイールナット(ラグナット)を使用して、ホイールをハブに留める。スペーサーでそれらを使用する際の問題は、実際にホイールを押し出しすぎて、ホイールナットを固定するのに十分なスレッドを残すことができるということです。スタッドとスペーサーを選択する際に留意すべきことがいくつかあります 。

 

・ハブから突き出た使用可能なスタッドの長さ
・ブレーキローターハットの厚さ(バリエーション)
・ホイールボルトのボア深さ(ホイール穴深さ)(バリエーション)
・スペーサー サイズ
・ホイールナットのターン数(12×1.5スタッド/ナットの場合は6.5ターンまたは10mm)

 

例えば、ターナー75mmホイールスタッドは、通常、10mmスペーサーを使用するのに十分なスペースが残っています。しかし、大きなブレーキキットは純正よりも厚いローターであるため、スタッド上の使用可能なスペースが少なくなる可能性があります。同様に、ボルト穴の内側の厚さも大きく異なります。ホイールを厚くすると、使用可能なスレッドが減少します。ここでの解決策は、より長いホイールスタッドを使用することです。

 

すべてのホイールスタッドが同じように作成されているわけではありません。

ターナーホイールスタッドは、独自の仕様に設計されており、専用に製造されています。市販のより安いスタッドに注意してください!真のBMW装備品ではない、私たちのデザインに類似した他のスタッドをいくつも見てきました。 スタッドの価格は、Webでの最低価格よりも少し高いかもしれませんが、より高品質であることをお約束します。

 

SolidWorksのターナーホイールスペーサーとスタッドデザイン

 

 

この画像は、CADプログラムであるSolidWorksのターナーエンジニアによって作成されました。すべてのコンポーネントは、互いに関連して正しくスケーリングされています。ここでは、ホイールスペーサー、ホイール、およびハブ(ホイールベアリング)の関係を確認できます。また、ブレーキローターとホイールがスペーサーの装備品にどのように作用するかも確認できます。

 

この特定の図面は、ターナー12.5mmスペーサー、純正のBMWブレーキローター、ターナー75mmホイールスタッドとターナーホイールナット、および一般的なホイールデザインを備えたE36 M3の図です。

 

この図面には多くの注意点がありますが、特に注意する点は
スペーサー(緑)のハブ(赤)への取り付け、
ホイール(灰色)とスペーサー(緑色)の取り付け、
ナットが固定されるホイールボルト穴の厚さ。穴が深くなると、ナットがかみ合うねじ山が少なくなります。

通常のホイールボルトよりも長いものが必要になります。

 

ホイールスタッドはどのくらいの頻度で交換する必要がありますか?

この質問はよく寄せられますが、簡単な答えはありません。もちろんそれらは交換する必要があります。すべてのファスナーはある時点で消耗品と見なされます。それらを交換する時期は、その使用方法によって異なります。現在、耐久レースチームは、6か月ごとまたはクラッシュ後にスタッドを交換しています。典型的な耐久レースの週末にタイヤが交換される回数を考えると、これは素晴らしいライフです。 「一般的な」ロードカーについては、2年間の交換スケジュールで十分だと考えています。寿命のほとんどは、ナットがスタッドに締め付けられている方法(「フィール」、トルクレンチ、インパクトガンなど)によって決まります。過大なトルクと過小なトルクは、寿命を縮め、強度を低下させます。取付を行うショップは責任あるトルクを実践するようにしてください。また、スレッドで焼き付き防止を使用しないでください。トルク定格を高い値にずらします(オーバートルク)


 

6.安全なフィットメント

スペーサーは、ホイールハブパズルのもう1つのピースです。ピースは正確に合わさる必要があります。 BMWスペーサーは、ホイールが置かれているのと同じストックハブリップを利用しています。スペーサーは、このリップの上にぴったりとフィットし、ブレーキローターハットに対して正方形にフィットする必要があります。いくつかの要因が、ピースがどの程度うまく適合するかに影響を与える可能性があります。クリアランスが1ミリの場合、完全な障害が発生する可能性があるため、ピースの正確なチェックが重要です。

 

ハブエクステンダーなしの小型フラットスペーサー

すべてのBMWは、ホイールがハブに位置するように設計されています。リップがハブから突出し、ホイールがリップにスライドします。これはハブセントリック装備と呼ばれます。そして、すべてのBMWスペーサーは「ハブセントリック」でなければなりません。スペーサーもハブの上をスライドするため、小さなフラットスペーサー(3mm、5mm、7.5mm、および約10mm)は、リップの利用可能なスペースを使い果たします。ホイールがしっかりと乗るスペースが少なくなります。

 

これは10mmスペーサーを使用した極端な例ですが、明らかに問題を示しています-

ハブの小さな平らなスペーサーで何が起こるかの例をいくつか示します-

 

 

10mmを超えるスペーサーは、ほとんどのBMWの既存のハブをカバーするのに十分な厚さで、新しいハブセントリックリップを表面に含むため、これは問題になりません。ただし、小さい(フラット)スペーサーでは、既存のハブリップと干渉するため、リップを含めることは物理的に不可能です。しかし、私たちには解決策があります。

 

ターナーハブエクステンダ―

ハブエクステンダーはフロントハブに押し込み、リップの表面積をさらに10mm増やします。ハブエクステンダーは、純正ホイールベアリングのダストキャップの代わりに使用し、所定の位置にタップするだけです。私たちは2002年にBMWハブエクステンダーを初めて市場に投入しました。それ以来、フラットスペーサーで失われたハブリップを取り戻すための最良のソリューションとなっています。これらは、1982年から2006年まで、ほぼすべての5ラグBMWのフロントハブで機能します。ハブの内側にテーパーが付いているため、2005年以降はリアまたはほとんどのフロントハブでは機能しません。ハブエクステンダーは、3mm、5mm、7.5mm、および10mmのフラットスペーサーで、センターボアがホイールは余分なリップに対応できます。そして、それらの最良の点の1つは、スペーサーをさまざまなニーズに合わせて入れ替えたり、ハブエクステンダーを取り付けたままにしたりできることです。

 

 

 

F80 M3 / F82 M4ハブセントリックスペーサー

最初にF8X M3 / M4を分解したとき、フロントとリアのハブに驚きました。ハブには、リップ用のスチールリングの代わりにタブがありました。 BMWは軽量化のために変更したのですが以前より表面積が少なくなっています。しかし、私たちはすぐにそれに対応しました。各タブの間にギャップがあるため、ハブに固定するための「歯」を備えた小さなスペーサーを作成できます。そして、ターナーインターロッキングテクノロジースペーサーが誕生しました。これらは、ハブエクステンダーが統合された5mm、7.5mm、10mmのスペーサーです。ターナーインターロッキングスペーサーには、ホイールを載せるための新しい12mmハブがあります。このスペーサー設計により、ホイールがハブにしっかりと固定されていないことを心配する必要がなくなりました。そしてそれは前部および後部M3 / M4ハブに合います。繰り返しになりますが、2015年2月に初めてこれらを市場に投入しました。

 

 

 

ボトムアウト

スペーサーは、ブレーキハットと同一平面上に配置する必要があり、スペーサーとブレーキハットはピッタリと着いている必要があるためハブリップにあたってはいけない。ブレーキハットよりもハブリップが先にあたった状態ではスペーサーがハブリップの上で曲がり、最終的に割れます。残念ながらハブリップの幅は共通または標準化されていません。ほとんどのBMWの奥行きは10mm未満です。しかし、リップがさらに突き出る箇所がいくつかあります。E46M3リア、E90 325xi、F30 3シリーズなどです。製造公差、さらにはブレーキローターやハブの選択も、スペーサーの取り付け方法に影響します。たとえば、アルミ製のハットのあるローターは鋳鉄製の部品よりも薄い場合があり、薄い方のハットはより多くのハブリップを突出させます。多くのBMWオーナーは、特に10mmスペーサーでこの問題に直面しています。 10mmスペーサーは、それ自体よりも大きなハブリップには物理的にフィットしないため、この影響を受けやすくなっています。ほとんどのスペーサーメーカーは、10 mmをチューニングと見なしています。この場合、ショップは必要な変更を行って、適切なフィットを確保しないといけません。スペーサーがブレーキハットではなくハブリップにあたる場合は、2つのオプションがあります。大きいスペーサーを購入するか、クリアするまでハブリップを削ります。大きいスペーサーを使用することは簡単な事であるため、よりおススメです(10と12mmの違いはニッケルの厚さです!)

 

 

 

間違ったベベルエッジのホイール
一部のホイールには、スペーサーとは異なる角度の傾斜した取り付け面があります。スペーサーは45 °ベベルを使用できますが、ホイールは60 °にすることができます。パーツがぴったりと合わないため、ホイールが振動します。この状況はあまり一般的ではありませんが、たまに発生します。解決策は、ベベルがまったくない大きなスペーサーを使用することです。または、スペーサーのサイズと場所によっては、ターナーハブエクステンダーとフラットスペーサーを使用することもできます

 

2012+ F30 3シリーズフィットメントメモ
F30 3シリーズモデルは、他のほとんどの最近のBMWモデルよりも深いハブリップを備えています。これにより、使用可能なスペーサーオプションが制限されます。これは新しいモデルであり、ブレーキ/シャーシの改訂がまだ行われていないため、スペーサーを注文または取り付ける前に、利用可能なリップの深さを確認することをお勧めします。深いリップはスペーサーの内側で底辺になり、スペーサーがリップに完全にかみ合ってブレーキハットに対して圧着することができなくなってしまします。コーナリングフォースはスペーサーに応力亀裂を引き起こし、最終的にはスペーサー自体の完全な破損につながるため、これは非常に危険な問題です。

最初にハブリっプを測定し、スペーサーの取り付けを確認することをお勧めします。フロントとリアは深さが異なるため、別々に測定する必要があることに注意してください。開封された、または車両に取り付けられたスペーサーの返品はできません。


ホイールパッドサイズ

ホイールの背面(ハブに取り付けられる背面)はパッドと呼ばれます。長年にわたり、BMWホイールのホイールパッドのサイズはさまざまで、150〜156 mmです。ただし、スペーサーのサイズは150mm(5.91インチ)で一定のままです。スペーサーがハブに完全に装着されている限り、大きなホイールパッドを小さなスペーサーで使用しても問題はありません。違いはわずか数ミリメートルです。主要なホイールメーカーのストリートおよびトップレベルのプロトタイプとGTレースカーについては、ばね下重量を減らすために小さいホイールパッドを好むでしょう。アフターマーケットホイールの場合、工場のホイールでは小さいスペーサーを使用する可能性が高いでしょう。小さなパッドと大きなパッドのスペーサーから選択できます。

 

スペーサーが小さいほど、いくつかの理由により優れています。軽量化、低コスト、製造時の材料の浪費が少ないためです。ただし、ビジュアルを追求すると、スペーサーがホイールの背面と均一になるように、「大きなパッド」スペーサーを使用する方がよい場合があります。大きなパッドスペーサーには、いくつかの利点もあります。表面積が大きいほど、荷重がハブ全体に分散します(大きくて重い車では重要になる可能性があります)。スペーサーとハブの間の摩擦が大きいため、ずれたり移動したりしません。しかし、それらを裏付けるデータがないため、比較的小さな利点です。裏付けとなるデータがなければ、私たちの意見は、これは見た目の問題のみであるということです。

 

なぜスペーサーメーカーは150mmスペーサーを使い続けているのですか?ベアアルミニウムロッドのストックにはインチサイズがあり、150mm = 5.91 “-6″アルミニウムロッドに最適です。次のサイズは6.25インチ/ 159mmです。これを156mmまで機械加工します。これは、これまでに見た中で最大のBMWホイールパッドであり、コストと時間を追加したとしても、機械加工により余分な材料と重量が取り除かれます。

 

 

大きなホイールパッドスペーサーと小さなパッドスペーサーの関係を示します。

 

 

「ビッグパッド」ホイールで通常のパッドスペーサーを使用すると、ホイールパッドとブレーキローターの間の段差が小さくなります。スペーサーの強度と耐久性は問題ではありません。それは単に見栄えの好みです

 

 

 

どのパッドサイズを使用すればよいですか?

厳格なルールはありません。私たちはパッドのサイズが長年にわたって増加しているため、純正ホイールはおそらく様々なホイールサイズの真ん中ではないかと判断しました。 BMWの工場出荷時のホイールを使用していて、ばね下重量が数オンスである場合重量は重要でないため、ビッグパッドスペーサーを使用してください。ホイールとよりよく一致するでしょう。社外ホイールを使用している場合は、通常のパッドスペーサーを使用することをお勧めします。

 

F10 M5、F12 M6カーボンセラミックブレーキ

M5 / M6カーボンセラミックブレーキのブレーキローターハットには、ホイールが取り付けられている部分に機械加工されたくぼみが存在します。 CCBオプションが付属する工場出荷時のBMWホイールは、このくぼみに収まるように設計されています。しかし、一部の社外ホイールには、取り付け面が大きく、ホイールがこの「ポケット」の内側に着かないようになっています(実際には、その上にあります)。ホイールがローターハットと面一着いていないため、これは非常に危険な状態です。また、ホイールボルトがハブ内部の安全な深さに達しない場合があります。ターナービッグパッドスペーサーがこの問題を解決します! 3mmまたは5mmのビッグパッドスペーサーは、ブレーキローターのポケットにぴったり収まります。ポケットの問題が解消され、より多くの新しいホイールの可能性が開かれます(より多くの冬用ホイールオプションを含む)。

 

 

特殊な機械加工領域を備えたカーボンセラミックブレーキ

 

 

 

カーボンセラミックブレーキが取り付けられたターナー5mmビッグパッドスペーサー

 

 

8.ハブリップの測定

ほとんどの場合純正ハブリップの測定を参照しています。これはいくつかの理由で非常に重要です-
a)スペーサーがリップとブレーキディスクハットに完全に固定されるようにします。リップが大きく突き出ている場合、スペーサーは完全に固定されず、ローターではなく、リップの底に達します(上記のボトムアウトを参照)。
b)平らなスペーサーを使用して、ホイールが乗るのに十分なリップが残っていることを確認します。ほぼすべてのフラットスペーサー(すべて10 mm未満)では、スペーサーはハブの貴重なスペースを占めます。たとえば、5mmのスペーサーは、9mmのハブで5mmの奥行きを占め、ホイールを載せるためのスペースは4mmしかありません。ホイールの背面にベベルがある場合、ホイールがハブに完全に固定されていないことを意味します。これは理想的な状況ではなく、おそらく振動やさらに悪いことに、ハブやホイールボルトが故障する可能性があります。

 

ハブの深さは、同じモデルラインでも異なります。最大の差異は、さまざまなブレーキローターハットからのものです。製造公差と設計(OEMと社外品)も影響を与える可能性があります。

 

スペーサーを使用した場合と使用しない場合の、純正ハブリップの測定例をいくつか示します

 

純正E9X M3のハブ深さを確認

ハブとブレーキローター

 

スペーサーなしでハブの深さをチェック
MINI R56 GP

 

5mmスペーサーでハブの深さをチェック
F30ハブ

 


9.ホイールオフセット問題

シャーシ用ではないホイールを使用する場合、多くはホイールオフセットを修正することです。例-E30 M3のE36 M3ホイールまたはE34のE46ホイール。 3シリーズ車のオフセットは一般的に5シリーズ車よりも高くなっています。その結果、ホイールが押し込まれすぎて、ブレーキ、サスペンションコンポーネント、ホイールの内側に接触します。オフセットの違いは通常15〜20mm程度ですが、それだけではありません…

 

オフセットが異なるだけでなく、ホイールの幅も通常は異なります。 E30 M3には7.0インチの純正ホイールがありました。ほとんどのE36ホイールは7.5インチまたは8.0インチで、オフセットが高くなっています。そのため、オフセットが高くなるだけでなく、ホイールも物理的に広くなります。ホイールが同じ幅の場合、スペーサーは単にオフセットの違いになります。ただし、幅を追加すると、別の計算式が必要になります。数式は非常に複雑ですが、オフセット計算機をオンラインで見つけることができます。

 

E39オーナーは、他のほとんどのBMWとは異なるセンターボアを使用しているため、注意が必要です。これにより、ホイールの選択が制限されます。 E39センターボアは74.0mm。他のほぼすべてのBMWは、72.5mmのセンターボアを使用しています。ホイールの元の設計(E36、E46など)によっては、オフセットの違いもある場合があります。これらのホイールの1つをE39に取り付ける場合、ホイールスペーサーアダプターが必要です。ホイールスペーサーアダプターは、ホイール側が72.5CB、ハブ側が74.0CBです。これらのアダプターは、オフセットの違いを吸収するために15mmと20mmのサイズがあります。こちらのウェブサイトでこれらのアダプターをご覧ください

15mmアダプター、20mmアダプター。

 

ホイールオフセットの例

E30 M3のE36 M3ホイール。純正ホイールは15×7.0 ET20です。新しいホイールは17×8.0 ET40になります。スペーサーなしでホイールを取り付けただけの場合は、純正よりも内側に33mm、純正よりも全体で7mm狭くなります。純正のE30 M3は、純正ホイールがフェンダーに当たる前に多くのホイールクリアランスがあります(上記の測定方法を使用して20mm)。ですから、大きなスペーサーが外側のフェンダーにこすれる心配をせずに使用できることがすぐにわかります。 7mmのスペーサーを取り付けたとしましょう。新しいホイールが純正ホイールの外側と同じ位置になりますが、新しいホイールの幅26mm内側に長い(そしてストラットをこすります)。しかし、安全にさらに20mm移動しても、フェンダーには触れないことはわかっています。新しいホイールに25mmのスペーサーを取り付けると、在庫よりも18mm長く、わずか8mmだけ残ります。これで、フェンダーと同じ高さで、内側をこすらないように十分な間隔で配置されたホイールができました。

 

E92 335クーペのウィンターホイールパッケージ。これらの車には、E36とE46の前モデルよりもかなり低いオフセットの純正ホイールが付属しています。これらのE36 / E46ホイールを335に取り付けようとすると、オフセットが大きく幅が狭いため、ホイールが内側に寄りすぎています。最良の解決策は、正しいオフセットでホイールを購入することです。それとは別に、スペーサーを使用して違いを補うことができます。

 

最初に、上で概説したように、純正ホイールのクリアランスを測定します。冬用ホイールとして17×8.0 ET40を使用します。標準の335ホイールは18×8.0 ET34です。この場合、6mmのスペーサーで元のスタンスに戻すことができます。ただし、後輪は18×8.5 ET37で、冬用ホイールを使用するには、純正のスタンスに戻すために9mmのスペーサーが必要になります。事前に測定しているため、純正ホイールを配置するために必要な余地がどれだけあるかがわかります。 6mmと9mmのスペーサーは存在しないため、これは重要です。もっと大きなものが必要で、それに十分なクリアランスがあることを確認する必要があります。

 

E46 M3 19 “E92 335クーペのZCPホイール。純正のスポーツパッケージホイールは、18×8.0 ET34および18×8.5 ET37です。 E46 M3は、フロントに19×8.0 ET47、リアに19×9.5 ET27を使用しています。私たちの計算を使用すると、前部は13mm奥に配置されます。 15mmスペーサーは、工場出荷時のホイールスタンスに戻します。純正ホイールを事前に測定しておくと、純正ホイールがフェンダーに接触するまでに12 mmのスペーサーが必要になることがわかっています。したがって、15と12を追加すると、27mmになります。したがって、E46 M3フロントホイールは、E92フェンダーと同じ高さに座るために、20-25mmのスペーサーを必要とします。 M3リアホイールはわずか3mm入りますが、さらに23mm離れます。事前に測定したところ、純正ホイールはフェンダーに当たる前に15mmのクリアランスしかないことがわかりました。 M3ホイールはフェンダーをこする可能性が高いため、フェンダーを転がすか、クリアランスを増やすためにネガティブキャンバーを追加する必要があります。

 

10.ハードコート仕上げ

すべてのターナーモータースポーツスペーサーは、「単純な」陽極酸化ではなく、軍事仕様のハードコートを使用しています。私たちは調査を行い、スペーサーを設計するときに真のハードコート仕上げを使用することが必須であったという経験を持っています。部品をきれいに見せるのに陽極酸化は問題ありませんが、通年のスペーサー作業には十分ではありません。これは、レーシングキャンペーンからだけでなく、ニューイングランドのシーズンからも学びました。アルミニウムスペーサーは、冬季に道路で使用される塩の影響を非常に受けやすくなっています。陽極酸化されたアルミニウム片は、私たちの環境に典型的な悪用をもたらします。サーキットに出入りすることができないことは明らかでした。独自のスペーサーを作成する場合、業界標準を超える必要があり、私たちは、同僚や軍の軍事利用を調査しました。タイプIIIハードコーティングは、銃器、兵器、高速機械部品、航空/航空宇宙、さらには調理器具などの家庭用にも見られます。ハードコーティングは、陽極酸化よりも強く、耐久性があり、熱による色の変化に対してより耐性があり、化学的に耐性があります。サイズと部品番号の情報をレーザー彫刻して簡単に識別できるようにし、その上にハードコートして、ステルスな外観を維持します。ハードコーティングに関するもう1つの注意事項:すべてのMIL規格のハードコートは、本質的に色が暗いです。陽極酸化処理は、黒を含む任意の色で行うことができます。これにより、不良品が紙の上で私たちの製品と同じように表示されやすくなります。陽極酸化のすべての形態は色が異なるため、互いにわずかに異なる色合いのスペーサーを入手することは珍しいことではありません。

 

 


11.スペーサーに関する追加情報、メモ、詳細

典型的なサイジング2012年以前のほとんどのBMWは、純正ホイール/タイヤセットアップで使用した場合、15〜20mmのスペーサーを使用します。これは、ドイツのTUV(私たち自身のDOTと同様)がスノーチェーンに十分なクリアランスを必要としたためです。これらは他の市場では時代遅れであるか無関係であるにもかかわらず、ヨーロッパでは依然として広く使用されています。また、TUVでは、ドイツのすべての車に専用のスノータイヤまたは冬の運転用のスノーチェーンを装備する必要があります。

 

行き過ぎているかどうかはどうすればわかりますか?

前輪のスペーサーが大きすぎる場合はホイールがフェンダーリップをこすっています。ホイールが完全にロックされたときにホイールがブレーキ冷却ホースをこすらないように、余分な厚いスペーサーがおそらくあるでしょう。より良い解決策は、スペーサーを小さくし、内部のステアリング移動を制限する独自のステアリングラックストップです。

 

ハブセントリック装備すべてのBMWはハブセントリックホイールを使用しています。車に取り付けたとき、ホイールはホイールボルトやスタッドではなく、リップの上に置かれます。リップはホイールの強度に寄与し、ホイールはリップなしでは安全に使用できません。ホイールボルトは、ホイールから発生する重量と荷重を支えるのに十分な強度ではありません。リップの深さは通常9〜10.5 mmで、新しいスペーサーには独自のリップが必要です。独自のハブセントリックリップを備えたターナーおよびH&Rスペーサーは、10mm、12mm、12.5mm、15mm、18mm、20mm、25mm、および30mmです。
*-H&Rとターナーモータースポーツはそれぞれ10mmのハブセントリックスペーサーを作成しますが、スペーサーとリップの間の干渉のため、これは特殊なアプリケーションに任せるのが最善です。詳細については、以下を参照してください。

 

・10mmフィッティングに関する注意事項 BMWに10mmスペーサーをフィッティングする場合は、十分に注意する必要があります。ハブセントリックリップの深さはさまざまであるため、スペーサーがハブと同一平面になる前にスペーサーが底に達する危険があります。これにより、スペーサーとハブの間に隙間ができ、スペーサーの強度が著しく低下します。 10mmスペーサーがローターハットにぴったり合うように、車のリップを剃る必要があります。

 

・フラットスペーサー ハブセントリックリップのないスペーサーは、「フラットスペーサー」と呼ばれます。これらは通常10mm未満です。スペーサーは既存のハブリップの上をスライドしますが、リップの場所をとるのに十分な厚さではないため、リップを持つことは物理的に不可能です(標準のハブリップはまだスペーサーから突き出ています)。リップが9mmの場合、5mmのスペーサーでは、ホイールを載せるために4mmの純正ハブリップが残ります。これは、ホイール/スペーサーの設定を検討する際に留意することが重要です。背面にベベルエッジが付いているホイールは、リップ上に適切に載っていないため、ホイールがハブの中心に正しく配置されていないため、振動が発生します。

 

・ハブエクステンダー ほとんどの5ラグBMWアプリケーションでは、ターナーモータースポーツはフロントハブエクステンダーを提供します。これは、ハブのダストキャップの代わりになり、ホイールを載せるための余分な10mmのリップを追加します。上記の例を使用すると、リップに4mm残っている代わりに、14mmのリップを使用できます。ハブエクステンダーを使用すると、リップスペースを失う心配なしにスペーサーを取り替えることもできます。3mm、5mm、8mm、または10mmのフラットスペーサーで使用できます。

 

・タイヤサイズ タイヤサイズについて、サイズはメーカーによって大きく異なることに注意してください。タイヤのサイズは「245」と表示されていますが、実際の幅はブランド間で、またタイヤのタイプによって大きく異なる場合があります。タイヤメーカーは、実際の幅をウェブサイトで公開しています。幅の広い225タイヤを使用したセットアップは、幅の狭い225タイヤと比較して擦れる可能性があるため、この確認は重要です。

 

・焼き付き防止 スペーサーを取り付けるときは、スペーサーとローターハット面の間に焼き付き防止剤やグリースを使用しないでください。スコッチブライトまたはワイヤーホイールアタッチメントでこの領域をきれいにスクラブする必要があります。スペーサーを載せるためにハブリップにホイールを載せるためにスペーサーリップの上に、少量の焼き付き防止材を配置できます。スペーサーでホイールが振動する最大の理由は、ローターハットの錆やその他の物質です。

 

・スペーサーの取り外し スペーサーの取り外しは、イライラする経験になる可能性があります。多くのスペーサーには、内縁に面取りがあり、ハンマーとチゼルを使用すると、スペーサーをハブからノックオフできます。しかし、これはスペーサーを簡単に損傷します。最新世代のターナーホイールスペーサーには、スペーサーの全周にポケットが付いています。これにより、材料を損傷することなくスペーサーをてこの作用で持ち上げることができます。

ターナーモータースポーツのイノベーション!!